アホなオヤジの独り言
団塊世代に少し遅れて生まれて来た、アホなオヤジが、時事&趣味の事等、気が向いた時に言いたい事を書いてます。記述に間違いが有ったらどんどん指摘してネ、表題道理のアホですから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊急支援のお願い
日本ビルマ救援センター(BRC-J)からのお知らせを転送いたします。

秋元由紀(BurmaInfo)



----- Original Message -----
From: "Keiko Nakao"
To: "日本ビルマ救援センター(BRC-J)"
Sent: Thursday, August 17, 2006 7:18 PM
Subject: [BRCJ]緊急支援のお願い


皆さま、

■緊急支援のお願い

(1) 国内避難民の子どもたちに衣服を

 2006年夏のタイ・ビルマ国境訪問でメーホンソーン県にあるビルマ国境の
パンカム村を訪問しました。タイ人の小学生147人と一緒に、ビルマ側からの
57人の国内避難民の子どもたちが学んでいます。
  この子どもたちはビルマ国内で教育を受けられないために越境し、月曜日か
ら金曜日まで学校にある寄宿施設で暮らしながら学んでいます。しかし、大変貧
しいために衣服を手に入れることが困難で汚れた衣服を着続けることから、皮膚
病をわずらっている子どもがたくさんいます。このため皆様のご協力をお願いす
る次第です。
  サイズは小学生用です。ご不要の衣服がありましたら、下記の住所までお送
りいただくように、ご協力をお願いいたします。なお、こちらは山間地域でこれ
からは長袖も必要になりますので、送っていただく衣服は夏用冬用を問いません。

子どもたちの写真を以下のURLに掲載しております。
http://www.burmainfo.org/brcj/index.html

送り先:
国内避難民の子どもたち用の衣類の宛先

Pao National Democratic Organization (P.N.D.O)
P.O.Box 27, Mae Hong Son Post Office
Mae Hong Son, 58000, Thailand

(2) カレンニー難民キャンプに英語教材を

 メーホンソーン県のカレンニー難民キャンプ(Site1,Site2)では、カレン難民
キャンプと異なり、図書館活動を行うNGOが入っていません。またここ数年、
キャンプ内で外国人が学校の指導をすることが禁じられるようになり、教材が不
足しています。易しい英語の読み物がありましたら、下記の住所までお送りいた
だくようにお願いいたします。

送り先:
英語教材の宛先

Karenni Refugee Committee (KnRC)
P.O.Box 122, Mae Hong Son Post Office
Mae Hong Son, 58000, Thailand

◎送料は船便で10キロ5,300円、20キロ8,300円かかります。
ご無理のない範囲でお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボクのおさがりでよければ。
2006/08/26(土) 09:07:44 | URL | AXL #-[ 編集]
>AXLさん
有難う御座います、勿論OKですよ。

ただ、上にも書いてあるように、個人負担で送料が掛かってしまいます。

私も、有れば送りたいんですが、子供服は無いので送れません。

詳しくは、リンクに有るBurmaInfoで観て下さい。
2006/08/27(日) 02:47:46 | URL | yukimin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。