アホなオヤジの独り言
団塊世代に少し遅れて生まれて来た、アホなオヤジが、時事&趣味の事等、気が向いた時に言いたい事を書いてます。記述に間違いが有ったらどんどん指摘してネ、表題道理のアホですから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ敗退
前回の記事に、黒メガネ師匠から頂いたコメントについて。
少し私なりに、思考してみました。

黒メガネ師匠からの指摘は以下の通りです。
①今回のアメリカチームはドリームチームと呼べるものが来てるの?

②アメリカってさぁ、色んなスポーツで世界一を謳ってるわりに・・・いつも逃げ道つくってるとこなーい?
負けた時の言い訳のために

この問い掛けには、非常に難しい問題が沢山有ります。

今年行われた、野球の第1回ワールドカップ
アメリカは当然勝ちに来ていたはずです。
しかし、オールスターに出てくる選手は何人いたでしょう。
日本チームにしても、メジャーに行っている選手で出場したのは、二人だけ。
世界一を競う大会で本当に観たい選手が出てこない。
ファンとしてはとても寂しい事です。

プロのスポーツ選手にとって、国の代表として出場するのか、契約チームの
意向、また体調管理など・・・
ヤンキース松井選手の例も有るように。

現状は、全てトッププレイヤーで出場する事は出来ないでしょう。

また、それぞれの国が指名した、ヘッドコーチ(野球で云う監督)の目指すスタイル(選手層にもよりますが)に依っても変わってきます。
野球にしろ、バスケットにしても、選手層の厚いアメリカでは、特に難しい問題でしょう。
また、ヘッドコーチに選ばれた人の、心労が伺い知れます。

今回もアメリカチームがオファーした、最大の目玉選手。
NBA今シィーズンの得点王。
コービ ブライアントも途中までは、出場する予定でしたが、残念ながら体調不良で出場辞退となってます。

で、今回のアメリカチームは。
過去の経験を踏まえて勝ちに来ています。
基本的にNBAとFIBA(国際ルール)では、コートや、ペイントエリアの大きさが違たりします、勿論ファールに対する度合いなども、NBAでは、普通に行われるコンタクトも、FIBAではファールを取られてしまう。

そこで、今回ヘッドコーチに選ばれたのは、デューク大のコーチ
マーク シャシェフスキー氏

彼はまず、通常より長いトレーニングキャンプを行い、作戦だけでなく、チームケミストリーを見いだす事に力を注ぎました。

次に、国際ルールに精通したアシスタントコーチ、マーク ダントニを採用し万全を期しています。

さて、肝心の選手の方は。
オールスターに選ばれた選手は、三人だけと、やはり少し寂しいメンバーですが、

オールスターの中には、各国に散らばった選手も居ますし、ベテランの選手はやはり、体調面に気を使い出場を辞退した者も居ます。
でももし、オールスターをUSAが揃えたら、おそらく全ての試合で圧勝してしまうでしょう。

私が、選出すると。
ガード: アレン アイバーソン、ジェイソン キッド、コービ ブライアント、ドウェイン ウエイド、ヴィンス カーター、トレイシー マグレディー

フォワード: ティム ダンカン、レブロン ジェームス、ジャーメイン オニール、ケビン ガーネット

センター: ベン ウオレス、シャキール オニール
ってとこですかネ。

さて今回の選抜選手ですが。
ガード: クリス ポール(21)(今年の新人王)カーク ハインリック(25)、ドウェイン ウェイド(24)、ジョー ジョンソン(25)、

フォワード: カーメロ アンソニー(22)、レブロン ジェームス(21)、エルトン ブランド(27)、アントワン ジェイミソン(30)、シェーン パティエ(27)、クリス ボッシュ(22)、ドワイト ハワード(20)、(昨年の高卒新人王)

センター: ブラッド ミラー(30)、

の12人です。()内は年齢
ざっと観ても、センタービッグマンの、不在が懸念される処ですが、ボッシュ(208)、ハワード(211)は、レギュラーシーズンでも、センター兼任ですので大丈夫だと思うのですが?()内は身長

核となる3選手は、アテネ5輪の時NBAのルキーイヤーで、3選手供、選ばれています。

今シィーズンの、NBAファイナル、MVP
ドウェイン ウェイド
高卒でドラフト総合1位、ジョーダン2世と呼ばれ、今年のオールスターMVPの
レブロン ジェームス
彼らを抑え現在、シリーズ(ワールドカップ)USAチーム得点王
カーメロ アンソニー

同期では他に、地味だけどディフェンス、オフェンス共に優れたビッグマン、クリス ボッシュ(オールスター選出)
カーク ハインリックも出場と、彼等も素晴らしいプレーを観せてくれています。

03年は、NBAのゴールデンルーキーイヤーとして、語り続けられるでしょう。

若手は、今後のNBAを背負って行く選手達。
其の他の選手は、オールスターにこそ、選ばれていないけど、随所に素晴らしいプレーを観せてくれる、好プレイヤーです。


でも、



やはり・・・



懸念されたとうり、高さで勝るギリシャに負けちゃいました。

去年のヨーロッパチャンピオンとは云え、前評判は良くなかったのに・・・


俺の選抜メンバー出せー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます♪
ホント残念ですね・・・。
ブラッド・ミラーが213センチで最高身長でしたね。。。

もうあと2ヵ月を切って10月31日から始まるNBAを楽しみましょ♪

初戦はなんと・・・、チャンピオンチーム・ヒートとベン&PJブラウンが加入したブルズのカードです!!

楽しみですね☆
2006/09/02(土) 10:40:53 | URL | スズカ #-[ 編集]
詳しいな♪
色々な問題があるみたいだけど・・・・



NBAの選手が負けるとこは見たくないんだよねv-222
世界の誰もが憧れるNBA・NBL♪

圧勝するとこを見たいのよv-10
2006/09/02(土) 12:35:24 | URL | 黒メガネ #-[ 編集]
>スズカさん
WCは、ストレス溜まったけど。(盛り上がりの無さにに)

いきなりベンとシャックのマッチアップが観られる。

NBAはほんと、面白いよね~
2006/09/02(土) 19:33:06 | URL | yukimin #-[ 編集]
>黒メガネ師匠
そうなんよね。
相手は、ほぼベストメンバーで挑んで来る訳だから。
NBA選手をそこそこ集めても、簡単には勝てない。

私が選んだ中から、出てるのも、二人だけだからノ_丶

勝てる訳無いか。
2006/09/02(土) 19:53:35 | URL | yukimin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。