アホなオヤジの独り言
団塊世代に少し遅れて生まれて来た、アホなオヤジが、時事&趣味の事等、気が向いた時に言いたい事を書いてます。記述に間違いが有ったらどんどん指摘してネ、表題道理のアホですから。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【講演会のご案内】
在日ビルマ人のみなさんより、講演会のお知らせをいただきましたので、
転送いたします。(講演会は日本人向けですので、全て日本語で行われます)

9月16日土曜日の午前9時半からの開始となります。少し早い時間ですが、
ぜひ皆様ご参加ください。


PFB事務局
pfb@xsj.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【講演会のご案内】
 ”ビルマ民主化運動と国民指導者アウン・サン・スー・チー氏”
    ・・・ 伊野 憲治(北九州市立大学基盤教育センター教授)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1988年、ビルマ全土で反体制・民主化運動が沸き起こりました。
その指導者として、アウン・サン・スー・チー氏が国民の前に姿を
現したのもこの年です。後にノーベル平和賞を受賞することになる
スー・チー氏は、国民から絶大な支持を得、その後の1990年に行
われた総選挙では、彼女が書記長を務めるNLD(国民民主連盟)
が大勝しました。
しかし残念なことに、軍事政府はその選挙結果に従わず、現在に
至るまで政権の座に居座り続けています。17年間の政治活動
の中で、これまで3度自宅軟禁下に置かれたスー・チー氏。現在もなお
軟禁の状態が続いており、軟禁期間は合計10年以上にもなります。

今回の講演会では、外務省在ミャンマー日本国大使館専門調査員
としてビルマに赴任し、1988年の民主化運動、90年の総選挙の様子
を見聞きされた北九州市立大学の伊野憲治教授に、当時の国民の
行動やビルマ国内の様子、民主化に対するスー・チー氏の考え方
などを語っていただきます。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

●日時: 2006年9月16日(土曜日)
●時間: 午前9時30分~午前11井時30分
●場所: ECOとしま(生活産業プラザ)8階多目的ホール
??    豊島区東池袋1-20-15(電話:03-5992-7011)
     池袋駅東口徒歩5分
 ▽会場の地図は、下記URLをご覧ください。
?? http://www.city.toshima.tokyo.jp/sangyo/ids/plaza/ids_plazab.html

●参加費: 無料(申込み不要)
●問合先: 090-4221-1988, 090-7172-0595
myint@hpo.net

● 伊野 憲治教授プロフィール
--------------------------
1959年生まれ。東京外国語大学インドシナ語学科(タイ語専攻)卒業。
1986年東京外国語大学大学院国際学修士課程修了、2001年一橋大
学大学院社会学博士号を取得。
現在、北九州市立大学基盤教育センター教授・入試センター長。
専門は、ビルマ地域研究、社会史。
1988年3月より1991年2月まで、在ミャンマー日本国大使館専門調査員。
著書として、『アウンサンスーチーの思想と行動』(アジア女性交流・研究
フォーラム、2001年)、『ビルマ農民大反乱(1930~1932年)――反乱下
の民衆像――』(信山社、1998年)などがある。

主催: ABFSU(FAC), DPNS-JPB
協賛: ビルマ市民フォーラム
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。